長洞元気村

岩手県陸前高田市広田町の長洞(ながほら)地区、仮設住宅団地自治会として生まれた「長洞元気村」、現在は一般社団法人となって活動を続けています。
元気村は、地域の絆で東日本大震災を乗り越え、その地域力で復興を目指す活力に満ちた村です。
現在は「なでしこ会」を中心に海産物の直送やボランティアツアーの受け入れなどを行っています。
「一緒にやりゃすぺぁ!」長洞復興

お知らせ

ホームページリニューアル


2019年5月26日 ホームページをリニューアルしました!

次回元気便の受付について

次回の元気便受付は2019年11月末を予定しております。

元気村の今

元気村の今の様子をブログでお届けします。元気村リーダー・なでしこ会のリーダー・村長&浜人、それぞれの目線で語られる元気村の今を是非ご覧ください。

元気村の好齢ビジネス

なでしこ会を中心に、新しい長洞づくりはますます勢いを増しています。旬の海産物・特産物を季節ごとに届ける長洞元気便や、爺ちゃんたちを巻き込んだ防災ピクニッククルージング、農漁業体験に民泊、様々なビジネスにチャレンジ。最近では広田のホタテを使ったアヒージョの新商品も。

元気村の軌跡

2011年3月11日東日本大震災以降の元気村が歩んできた軌跡を記録しています。村民による震災語り部記録動画集では、それぞれ異なる視点で3.11を語り継ぎます。

お問い合わせ

元気村についてご興味のある方、元気村のツアーを申し込みたい方、なでしこ会の商品を注文したい方…ご不明な点やご質問がございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。